キャッシングでお金を借りたいのに、なかなか借りれない(汗)そんな人はどうすれば借りれるようになれるか?

キャッシングでお金を借りようとする場合は必ず審査があります。

まともなキャッシング会社は融資前に必ず審査を行います。

審査が無い、いわゆる無審査キャッシングのほとんどは闇金です。

だからキャッシングを行う消費者金融会社なり、カードローン会社なりがマトモな会社といえます。

貴方がお金を借りたい場合は当然ですが審査を必ず行うマトモな会社で借りなければなりません。

審査と聞くと何か小難しいイメージや堅苦しいイメージ、とっつきにくいイメージがありますよね?

しかしキャッシングの審査はそれほど小難しい物ではありません。

あなたに借金の返済能力を軽く確認するだけです。

このキャッシングの審査内容は本当に簡易であり早い所では30分程度で終わります。

しかし、世の中にはこんな簡易で簡単なキャッシングの審査になかんか通らない人もいます。

世の中の結果には必ず原因があります。

原因があって必ず、然るべき結果が出るものです。

従ってキャッシングの審査に通らない人にも何らかの原因があるのです。

では実際にどんな原因があるのでしょうか?

キャッシングの審査に通らない人の原因を一覧化して並べてみます。

下記の原因に当てはまる方はその原因をつぶして再度キャッシングの審査にチャレンジして下さい。

キャッシングの審査に通らない原因は?

スポンサードリンク



1)申込書(申し込みフォーム)の記入ミス

これをやると一発で審査に落ちてしまいます

2)申込書(申し込みフォーム)に嘘を書いている

特に年収や職業、他社借り入れ件数、借入金額で嘘を書いて審査に落ちる人が多いです。

正直に書きましょう

3)信用情報に事故情報がある

過去5年以内に自己破産歴、債務整理歴、長期の延滞歴などがある。

自己破産や債務整理は解決してから5年位で信用情報の履歴が消えます。
それまで待ちましょう。

長期の延滞も返済した後に5年経過したら消えます

4)総量規制に抵触している

総量規制という法律がキャッシング業界に施行されました。

これは年収の3分の1を超える融資が不可能という法律。

あなたが既に他社で年収の3分の1を超える融資をしていると新規の融資が難しいです

5)最近3ヶ月以内に4件以上のキャッシングの申し込みをしている

短期間の連続申し込みは審査に落ちる原因となります。

なぜなら、一気に複数のキャッシングに申し込んで借りて夜逃げする人がいるからです。

あなたが連続申し込みをすると「こいつは夜逃げする気か?」と疑われて審査に不利となります

6)在籍確認が取れない

キャッシング会社は審査の過程で職場の電話連絡を個人名で行います。

貴方が本当に仕事をしている収入を得ているかどうかをリアルにチェックするためにです。

職場の電話がつながらない時や職場の電話番が取り次いでくれない場合は在籍確認が取れずに審査否決になる場合があります

7)勤続年数が短い

勤続年数が1年未満、半年未満など短い人は安定収入があると認められずに審査が不利となります

勤続年数1年以上になってからキャッシングの申し込みをする方が審査に通りやすいです

以上、、審査に落ちる原因などを書きならべてみました。

あなたは心当たりがあるでしょうか?

もしある場合は、その原因を消去して完璧な状態で再度キャッシングの申し込みをしてみて下さい。