キャッシングの中にも審査が通りやすいキャッシングと通りにくいキャッシングがあります

ある日、お金を借りたくなってインターネットであるキャッシング会社に融資の申し込みをした。

・・・そしてその審査結果は・・・否決(泣)

今までキャッシングを利用してきた人ならばそんな残念で悔しい思いをしたことがあるかと思います。

私も何どもそんな悔しい思いをしてきました。

しかし今思い返してみると・・・自分自身にも問題があったのかと反省しております。

なぜなら、キャッシングでお金を借りたくなった時にしっかりとそれぞれのキャッシング会社を比較検討せずにやみくもにキャッシングに申し込んだからです。

当時、私は自営業者(個人事業主)でした。

そして私が申し込んだキャッシング会社は業界では審査が厳しめのところで、自営業者ではまず借りれない所でした。

それを知らずに、事前にろくに調べもせずに申し込んだ私自身も悪かったのです。

そう、キャッシング会社にも「審査の通りやすいキャッシング会社」もあれば、「審査の通りにくいキャッシング会社」もあります。

だから私のような低属性の男の場合はもっと低属性向けの審査の通りやすいキャッシングを選ぶべきだったのです。

反省です・・・。

では、実際に「審査の通りやすいキャッシング」と「審査の通りにくいキャッシング」のタイプや例を挙げてみましょう。

審査の通りやすいキャッシングのタイプ

スポンサードリンク



1)大手消費者金融

比較的、万人向けに審査が通りやすいです

2)銀行系の消費者金融

こちらも意外に審査に通りやすいです

3)庶民向けのクレジットカードのキャッシング枠

年会費無料や流通系、ショッピング系のクレジットカードは審査が通りやすいです

4)口コミで審査が甘いと言われている中堅、中小消費者金融

大手や銀行系、クレジットカードで借りれなかった場合に有効です

審査が通りにくいキャッシングのタイプ

1)銀行カードローン

消費者金融系、銀行系消費者金融よりも金利が安いですが、その分だけ審査が渋い傾向がある。

2)一部の信販カードローン

銀行カードローン並の低金利、貸付条件が良い一部の信販系カードローンはあまり審査が甘くないです。

3)一部の中小消費者金融

全ての中小業者が審査が甘いと思ったら間違いです。

中にはアルバイトや自営業者には貸さないところもあります。

また地元の人間しか審査を受け付けないところもあります

・・・以上、「審査の通りやすいキャッシング」、「審査の通りにくいキャッシング」のタイプをざっと取り上げてみました。

自分の属性に合ったキャッシングを選ぶことが大事だといえます。