キャッシングの審査結果は「勤続年数に左右される」って本当か?

これは本当です。

確かにキャッシングの審査では「勤続年数」は大事。

勤続年数が長ければ長いほどそれだけ審査が有利となります。

逆にキャッシングの審査では勤続年数が短ければ短いほど審査は不利となり通過し難くなります。

なぜなら、キャッシング会社は借り手の「信用力」と「支払い能力」を重視します。

その信用力と支払い能力のバロメータが「勤続年数」といえます。

同じ会社、職場に長く勤めていれば勤めているほど、それだけ収入も安定していて支払い能力や信用力が大きいと評価をするからです。

逆に勤続年数が短い人や、いつもコロコロと職場を変わっている人などはそれだけ信用力や支払い能力が少ないと判断されます。

会社や職場をやめれば無職になります。

コロコロと仕事を変える人、職場を変える人は無職リスクが高いといえます。

日本においてはまた職場や会社の転職が多い人は大抵は低収入です。

一つのところにじっくりと長く勤めている人は昇級もあり、給料やボーナスも多くなることが多いので、それだけ信用力、支払い能力が高いといえるでしょう。

勤続1ヵ月で審査の通るキャッシングはあるのか?

では、わずか勤続1ヵ月の人がキャッシングに通ることはあるのか?

又は金属1ヵ月で審査に通るような柔軟なキャッシング業者はあるのか?

それはあるといえます。

なぜなら、口コミなどを見ますと勤続1年でもキャッシングの審査に通ったという声もちらほら見かけるからです。

だから勤続が短い人でも絶対に審査が通らない、絶対にお金が借りれない・・・というわけではありません

借り手の属性や、借り先の業者の審査基準によっては勤続1ヵ月でも借りれる事もあります。

勤続1ヵ月で借りれるキャッシングは?

スポンサードリンク



1)大手、銀行系、中堅、中小でも勤続1ヵ月で借りれる事がある。

但し、借りれる金額は小口の場合が多い(5万円~20万円位)

2)正社員や公務員として安定職場に転職して勤続1ヵ月以内の人

安定した職場に転職した人の場合は、勤続1ヵ月でも審査が通る場合がある

3)過去の信用情報に事故情報や延滞情報がないこと

過去のローン利用やクレジットカードの利用で事故歴や延滞歴がなくきっちりと返済している優良客の場合

4)審査の甘いキャッシングの場合

勤続1ヵ月でも審査を通す甘いキャッシングや審査担当者などの場合、運よく借りれることもある